フィンジアとイクオスを比較してみた!|違いはあるの?

あまたの育毛剤がある中で、今回は人気沸騰中の育毛剤、フィンジアイクオスについて比較していきたいと思います。

両商品とも人気の高い商品なので、消費者の方から選ばれる理由がありますもんね。

その理由や違いについてここでは詳しく書いていきたいと思います。

フィンジアとイクオスで迷っている方は是非参考にしてくださいね^^

 

フィンジアとイクオスの違いについて


まずフィンジアとイクオスの違いについては、薬事法での商品の分類が違います。

フィンジアは化粧品に分類されますが、イクオスは医薬部外品に分類されます。

化粧品は、医薬部外品より効果が緩和で副作用の少ないのが特徴です、一方医薬部外品は、厚生労働省から認められた成分が一定濃度配合された商品になっています。

なので、分類的にはイクオスの方が成分的に効果が期待できる可能性があるのということです。

フィンジアの方は副作用の心配がなく緩やかな効果が期待できます。

 

成分の違いについて


まずは、成分量についてはイクオスが61種類フィンジアが25種類とイクオスの方が成分量は多くなっています。

ですが、成分の量については、あまり意識しない方がいいと思います。

なぜかといいますと、成分の相性があるので一概に多いから効果が期待できるというとそうではありません。

 

また、フィンジアの成分である、キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシンといった成分はヘアサイクルを整える期待ができる成分です。

一方、イクオスの成分である、M-034、ペルベチアカナリクラタエキス、スサビノリエキスは、血行促進効果や、脱毛を引き起こすであろう脱毛ホルモンの働きを抑制したりします。

 

効果については、どちらの成分も薄毛の観点からいって効果的に作用しています。

なので、これは個人の薄毛の状態によって選んでみるといいかもしれません。

比較的に緩やかに効果が期待できるのは、フィンジア、話題に新成分Algas-2(アルガス-2)で早い効果を期待したかたは、イクオスがいいかもしれませんね^^

 

内容量について


内容量については、イクオスが120gフィンジアが60gなので、圧倒的にイクオスの方が量が多いのでお得ですよね。

たっぷりつければそれだけ薄毛への効果が期待できるというわけではありませんが、やっぱり多い方がいいに決まってます。

また、フィンジアの成分である、キャピキシルやピディオキシジルは希少価値が高いので値段的にも量は60gが丁度良かったのかもしれませんね^^

 

↑量についはたっぷりと使いたい方は、イクオスがおすすめですよ^^

 

値段について


値段については、両商品も公式サイトの定期コースが最安値になっているのでそちらを初回しますね^^

調べてみたところ、

イクオスが5980円

フィンジアが9980円

でした。ここでもイクオスが圧倒的に安いですね。

量についてもイクオスの方が多くなっているので、始めて育毛剤を使う方はイクオスがおススメですよ。

 

初回解約については、フィンジア、イクオスともに対応していました^^

以上、今回はフィンジアとイクオスについて簡単に比較しました。


その他フィンジアについて詳しく知りたい方は下記リンクをみてくださいね。

フィンジアについて詳しくはこちら

 

 

このサイトでは、フィンジアとイクオスについての記事をまとめているので是非参考にしてくださいね。^^

私自身も両方の育毛剤をつかっていましたので、両方のメリット、デメリットについて書いていきますね。^^